アイテック加盟店で効率よく稼ぐ方法とは?
詳細はこちら

会社員がアフィリエイトで稼いだ場合、個人事業主になるタイミングはいつがおすすめ?

脱サラ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。
今回は、
『会社員がアフィリエイトで稼いだ場合、個人事業主になるタイミングはいつがおすすめ?』
と題しまして、
アフィリエイトについて
個人事業主になるタイミングについて
をご紹介していきたいと思います。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、
成果報酬型の広告のことです。
自分のホームページやブログに
企業が出している広告を掲載し、
その商品の売買が成立することにより
対価(アフィリエイト報酬)が得られます。
簡単に言うと、
ホームページやブログを広告塔にする代わりに
手数料をもらうビジネス
です。

アフィリエイトの仕組み

①広告を出したい会社が、ASPというアフィリエイト提供会社にアフィリエイト広告依頼を出します。
②ASPは、アフィリエイト広告作成し、メディア(アフィリエイトを行いたいブログやSNSを行っている人)に対し、アフィリエイトの契約を行います。
③ASPとメディアが契約締結(登録)すると、登録料がASPに支払われます。
④メディアがアフィリエイトをブログやSNSに設置し、成果(設置したアフィリエイト広告によって商品が購入されたりした場合など)が出たら、ASPから報酬がメディアに対し支払われます。

アフィリエイトの成果報酬について

アフィリエイトで得られる成果ですが、
主に2種類の成果報酬に分けられます。

成果報酬型
自分のブログやSNSで紹介している
アフィリエイト広告を経由し
商品やサービスが申込みされることを条件として
成果報酬が発生するもの。
クリック課金型
自分のブログやSNSで紹介している
アフィリエイト広告が
クリックされることを条件として
成果報酬が発生するもの。

アフィリエイト広告って?

アフィリエイト広告には
・バナー広告
・テキスト広告
・商品リンク広告
・メール広告
・ランキング広告
などの種類があります。

私たちが日常的に使っているインターネットで
最もよく見かける広告は、
バナー広告です。
よくインターネット上で
画面の上部や下部などに
商品の画像が載ったリンクを見かけると思います。
そういったものの大半は
アフィリエイト広告であることが多いです。

アフィリエイトで稼げるのか?

アフィリエイトによる成果によって得られる
報酬についてですが、
先に述べた
①成果報酬型アフィリエイト
②クリック課金型アフィリエイト
この2種類は、収入の額が異なってきます

成果報酬型は、購入数や購入額によって定められた定率や、申し込みごとの定額であることが多いです。後に述べるクリック課金型と比較すると、収入はこちらのほうが大きくなります。view数などの獲得が著しく大きくなくとも、記事の内容が充実していてアフィリエイト広告内容に興味を惹くことができるブログやSNSをしている人には適切だと思われます。

対してクリック課金型は、1クリックあたり1円以下と単価が少ない傾向にあります。view数の獲得が著しく大きく、そこまで詳しくなくともアフィリエイト広告内容に興味を惹かせることができるようなブログやSNSをしている人には適切だと思われます。

自分のブログの傾向を把握しアフィリエイトの成果報酬の種類を選ぶことで、効率的にアフィリエイト報酬を稼ぐことが可能のようです。

アフィリエイトによる収入について

アフィリエイトによる収入は、ピンからキリまであるようで
月数千円という人や、
中には月100万円台を稼ぐ人もいます。
サイトやSNSが人気で、
view数や閲覧者数が多く
集客に長けている人、
アフィリエイト広告の品の宣伝内容が
長けている人など、
そしてサイトやSNSを永く更新して
続けられる人は
アフィリエイトによる収入額が
比較的望める傾向にあるようです。

個人事業主になるタイミング

先に結論を述べると、
安定して月20万円以上の利益を稼げる場合は、
個人事業主になることを
お勧めします。
そのほうが節税などのメリットがたくさんあるからです。

もし企業で働いている会社員が
給料(給与所得)以外で
年20万円以上の収入があった場合
(例えば副業でアフィリエイトなどをして
20万円以上利益があった場合)
確定申告をしなければなりません。
その際
所得税や住民税などの税金が課せられますので
収入の内定められた税金分は
国や自治体に納めなければなりません。
つまり収入から幾らかは
税金として国に持ってかれるということです。

アフィリエイトを主とする個人事業主になった場合、
開業届を提出しているため
青色申告による確定申告が可能となります。

青色申告とは、
確定申告をする際複式薄記に記帳する
申告方法のことを言います。
日々の取引を所定の帳簿に記帳し、
その基調に基づき正しい申告をすることによって
税金面で様々な特典を受けることができるものです。
特典とは、
所得から最大65万円が控除され納税額を少なくすることができる
個人事業により赤字が出てしまった場合、翌年以降3年間繰り越すことができるため翌年以降黒字になった時に 赤字分を相殺することができる。つまりその分、所得を少なく収めることができる
事業主と生計を一緒にしている配偶者などその事業に従事しているものに支払う給与について仕事内容等によって相当であると認められる金額を必要経費に算入することができる
…などです。

※個人事業主とは
個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類
開業届(正式名称:個人事業の開廃業届出書)を
提出している人のことを指します。
開業届は、法律上提出することが義務付けられています。所得税法で、「個人事業を始めるには事業開始などから1か月以内に管轄する税務署に開業届を提出しなければならない」と定められています。

タイトルとURLをコピーしました